HOME > 書籍紹介 > サイエンス >  書籍詳細

サイエンスミステリー 亜澄錬太郎の事件簿1
創られたデータ

本書は、とある学園で起きた殺人事件の物語から、その殺人で使われた化学トリックを解説するとともに、ベースとなる化学の知識を丁寧に解説しています。各物語のあとにトリック解説と化学の解説がある三部構成になっています。導入が物語になっているので、化学の知識がない読者でも入りやすい内容になっています。「創られたデータ」「若草色の殺意」「学位の行方」「冤罪の代償」「暁の炎」「秘められた再会」の全6話。

 

商品名:
サイエンスミステリー 亜澄錬太郎の事件簿1
創られたデータ

 

価格:1,500円+税
ISBNコード:978-4-86354-187-0
本のサイズ:B6判/ソフトカバー
著者:齋藤勝裕

目次

●第1話 創られたデータ
●第2話 若草色の殺意
●第3話 学位の行方
●第4話 冤罪の代償
●第5話 暁の炎
●第6話 秘められた再会

著者紹介

●齋藤 勝裕(さいとう かつひろ)
名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた超まじめ人間。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」と、気は多い。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は140点を超え、月刊誌状態である。量子化学から生命化学まで、化学の全領域にわたる。更には金属や毒物の解説、呆れることには化学物質のプロレス中継?まで行っている。あまつさえ科学推理小説にまで広がるなど、犯罪的?と言って良いほど気が多い。その上、電波メディアで化学物質の解説を行うなど頼まれると断れない性格である。趣味は、アルコール水溶液鑑賞は一日たりとも怠りなく、ベランダ園芸で屋上をジャングルにしているほか、釣り、彩木画(木象嵌、木製モザイク)作成、ステンドグラス作成、木彫とこれまた気が多い。彩木画は作品集を出版し、文化講座で教室を開いて教えている。自宅の壁という壁、窓と言う窓は全て彩木画とステンドグラスの作品で埋まり、美術館と倉庫が一緒になったような家と言われる。現役時代には、昼休みに研究室でチェロを擦っては学生さんに迷惑をかけた。最近は、五目釣りに出かけては小魚を釣って帰り、料理をせがんで家人に迷惑を掛けている。酔ってはハムスターを引っ張り出して彼の顔を舐め回し、ハムスターに迷惑がられている。ハムクンごめんなさい。

担当編集者から

本書は、大学の研究室の助教の亜澄錬太郎の元に寄せられる複雑怪奇な事件のトリックを化学の視点から解決していく物語で、読み進めながら化学の知識も理解できる今までにない新しい化学読本です。物語を読んでから化学を学ぶか、化学を学んでから物語を楽しむか、読者に新しい形の化学本を提案する1冊です。(西方 洋一)