HOME > 書籍紹介 > 電子書籍 >  書籍詳細

経営者のためのExcelフォーム「倒産シグナル分析」を使った企業診断

【この商品は、Excelフォーム(Excelファイル)とマニュアル(PDFファイル)から構成されています。】
本商品は決算書の数字などの「定量分析」と、会社のさまざまな情報を入力して行う「定性分析」の2つの側面から企業評価を行い、対象となる企業の「倒産危険度」を判定するExcelフォームと、その操作解説の電子ブック(PDFファイル)です。操作はマクロ化されおており、ボタンをクリックするだけで入力画面の切り替えや印刷を行うことができます。
 
分析結果として「総合評価点数と定量分析の結果」「定性分析の結果」「定量分析のグラフ」「倒産シグナルのグラフ」の4種類の帳票を印刷する機能があります。

※注意事項
・本商品の使用には表計算ソフトExcelが必要です。対応バージョンはWindows版のExcel2000以降となります(Macintosh版には対応しておりません)。
・本商品は、Excelフォーム(Excelファイル)とマニュアル(PDFファイル)から構成されています。
・ご入金を確認した後に、ダウンロード用URLとパスワードを記載したメールをお送りします。このパスワードを使って該当ファイルを、インターネット上からダウンロードしていただくことになります。

 

商品名:
経営者のためのExcelフォーム「倒産シグナル分析」を使った企業診断

 

価格:7,000円+税
ISBNコード:ebook-0002
本のサイズ:Excelフォーム、PDF形式のマニュアルファイル
著者:杉田利雄

目次

●フォームの使い方
●01 倒産シグナル分析で企業の安全性を診断する
●02 倒産シグナル分析の活用場面
●03 基本情報の入力
●04 財務データの入力
●05 定性分析データの入力
●06 グラフへのコメントの入力と評価レポートの印刷
●07 評価レポートの使い方(1)総合評価点数と定量分析の評価
●08 評価レポートの使い方(2)定性分析の評価
●09 評価レポートの使い方(3)グラフを使った評価の分析
●10 定量分析の改善のポイント
●11 定性分析の改善のポイント
●12 倒産シグナル分析の応用・活用
●13 総合評価点数の計算方法
●14 点数評価のロジックと評価基準のカスタマイズ
●こんな時には?
●主な経営分析指標

著者紹介

●杉田 利雄(すぎた としお)
1952年生まれ。株式会社エム・エム・プラン 代表取締役。BFL経営財務研究所 所長。株式会社M&A実務支援センター 代表取締役。事業再生実務家協会会員、TMA日本支部会員。税理士、会計士を中心とする事業再生研究会を主宰。BFL経営財務研究所にて事業再生アドバイザー養成講座を運営。事業再生指導、アーリーステージ企業の育成、マーケティング指導など実績多数。編著に「社長の決断」(明日香出版社)、電卓で金利計算(オーエス出版社)、「ターンアラウンド・マネジメントの基礎と実務」など多数。月刊スーパーシティ(中国・上海)や月刊近代中小企業などに寄稿。

担当編集者から

本書に収録されているエクセルフォームは、いずれも簡単な数字を入力し、画面上のボタンをクリックするだけで利用できるため、エクセルがあまり得意でない人も使いこなすことができます。また、印刷帳票はすべてA4サイズに統一されているので、金融機関へそのまま提出できるような、本格的な資料を作成することができます。このエクセルフォームは、中小企業の経営者や経理担当者の方の強い味方になってくれるはずです。