HOME > 書籍紹介 > グラフィックソフト >  書籍詳細

プロジェクションマッピングの教科書

プロジェクションマッピングの第一線で活躍する著者が、実例をもとに「企画」「現場」「制作」の知識や必要機材、撮影方法、プロジェクトの予算立て、許可・申請など知っておくべきプロのノウハウを解説しています。プロジェクションマッピングの概要や専門知識をわかりやすく紹介しているので、これからクリエイターを目指す人やクライアント側の担当者も必見の1冊です。

■ 著者の特設Webサイトについて
 本書の中で紹介しているプロジェクションマッピングの事例写真や動画、制作用サンプルなどは、下記の著者の特設Webサイトで確認することができます。

『プロジェクションマッピングの教科書』著者特設Webサイトはこちら
http://mappingbook.jp

 

商品名:
プロジェクションマッピングの教科書NEW!

 

価格:3,420円+税
ISBNコード:978-4-86354-218-1
本のサイズ:A5判/ソフトカバー
著者:田中健司

目次

CHAPTER 1 プロジェクションマッピングの概要
CHAPTER 2 プロジェクションマッピングの企画
CHAPTER 3 プロジェクションマッピングの制作知識
CHAPTER 4 プロジェクションマッピングの制作(基礎編)
CHAPTER 5 プロジェクションマッピングの制作(実例編)
CHAPTER 6 プロジェクションマッピングの現場

著者紹介

田中 健司(たなか・けんじ)
1981年兵庫県生まれ。大阪成蹊大学芸術学部卒業を経て、2010年情報科学芸術大学院大学(IAMAS)卒業。2004年よりプロジェクションマッピング作品の制作を開始し、二条城、六甲山上駅など公共空間での発表を行う。2010年から六甲ミーツ・アート 芸術散歩に参加し、2013年には東急ハンズANNEX店や京都の鴨川プロジェクションマッピングのディレクションを担当する。2015年、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]のエマージェンシーズ!026、徳島LEDアートフェスティバル2016にて作品を発表。現在、大阪電気通信大学非常勤講師を務める。
・URL http://tanakakenji.jp/
 

担当編集者から

最近では、プロジェクションマッピングを使った各種イベントや町興しが全国各地で行われています。
本書は、そんなプロジェクションマッピングの第一線で活躍する著者が今までに手がけてきた、具体的な実例をもとにプロジェクターの設置方法や制作のテクニック、企画案の作り方など、プロジェクションマッピングを実現するために必要な能力や視点を具体的に紹介しています。(西方 洋一)

こちらの書籍も好評発売中!