書籍詳細|株式会社 C&R研究所
HOME > 書籍紹介 > 会計・法律 >  書籍詳細

英文契約書の基礎と使い方がわかる本[CD-ROM付]

 海外と商取引を行う際に必ず必要となるのが契約書です。海外の企業と取り交わされる契約は、さまざまなリスク管理のために、詳細にかつ曖昧な部分が少ないように作られているのが特徴です。本書では、よく利用されるであろう14種類の契約書(代理店契約書/売買契約書(販売)/売買契約書(購入)/国内代理店契約書/合弁契約書/ライセンス契約書/融資契約書/技術援助契約書/意向書/保証状/労働契約書/変更契約書/NDA/契約締結委任状)についてひな形をもとに、その詳細を解説しています。
 解説したひな形は、CD-ROMにデータとして収録されているので、いつでもそのひな形をもとに英文契約書を作成することができます。

 

商品名:
英文契約書の基礎と使い方がわかる本[CD-ROM付]

 

価格:2,900円+税
ISBNコード:978-4-86354-046-0
本のサイズ:A5判/ソフトカバー
著者:吉川達夫 編著/高仲幸雄、中地充、宗像修一郎、宮田正樹、山浦勝男

目次

●第1章 国際取引と英文契約書/国際取引におけるFAQ
●第2章 英文契約書における重要一般条項
●第3章 英文契約書文例

著者紹介

【編著者紹介】
●吉川 達夫(よしかわ たつお)
NY州弁護士、駒澤大学法科大学院、二松学舎大学院国際政治経済学研究科、国士舘大学21世紀アジア学部非常勤講師。伊藤忠商事株式会社法務部を経て外資系法務本部長。上智大学法学部、Georgetown Univ. Law School卒。元Temple Univ. Law School Visiting Professor
主要編著:「ライセンス契約のすべて」「ライセンス契約のすべて(実務応用編)」「国際ビジネス法務」「ケースブック アメリカ法概説」(LexisNexis社)、「電子商取引法ハンドブック」「英文契約書の作成実務とモデル契約書」「知的財産のビジネス・トラブルQ&A」(中央経済社)、「ケーススタディ会社に潜むビジネスリスク100」(成文堂)、「アジア撤退戦略と英文契約書」(インターフィールド) 他

担当編集者から

英文契約書といっても、単に「英語で書かれた契約書」というだけではありません。その契約書の中には、異なる商慣習の国との取引を行う上で必要となるリスク管理、契約を順調に実行させるための細かい取り決めなどが含まれており、その内容は日本の商取引を対象とした契約書とは大きく異なります。本書では、そのあたり「かんどころ」ができるだけわかるように、かつコンパクトにまとめることを心がけました。(三浦 聡)