← 年賀状サポートページ トップに戻る

よくある質問(Q&A集)

こちらのページでは、皆様から寄せられる代表的なご質問を元に、Q&A形式で回答をお伝えいたします。

よくある質問の分類メニュー

データの利用・加工に関するQ&A
画像形式に関するQ&A
ソフトウェアの操作に関するQ&A
印刷に関するQ&A

 

データの利用・加工に関するQ&A

Q1:付属DVD-ROMに入っているデータを自分で加工しても問題にならない?
 

A

付属DVD-ROMに入っているデータに自分で撮ったデジカメの写真を貼り付けたり、別のイラストや文字を貼り付けたりして、加工することは自由にできます。画像加工ソフト(Photoshop、Fireworksなど)で加工してもかまいません。ただし、このデータを使って作った画像データを販売したり、はがき以外の商業印刷に使ったりということはできませんので、ご注意ください。(Q5:付属DVD-ROMに入っているデータを印刷して販売してもいいですか?」を参照)

Q2:はがきのデータから一部分のイラストだけを削除したい!

A

画像加工ソフト(Photoshop、Fireworksなど)を使用することで可能な場合もありますが、イラストの一部分を取り去るのは、大変難しい作業になります。基本的には、はがきのデータは1枚の画像としてご利用いただくことを前提としておりますのでご了承ください。


Q3:付属DVD-ROMはどのパソコンで読み込めるの?

A

付属DVD-ROMは、次のOS(基本ソフト)が導入されているパソコンで正常に読み込めることを確認済みです。その他のパソコンでも、DVD-ROMを読み込めるドライブが付属しているパソコンであれば、WindowsでもMacintoshでもご使用いただけます。
Windows 10 Windows 8.1 Windows 8 Windows 7

Mac OS X

Q4:データをWebページに使用してもいいですか?

A

本書のデータは、本書をご購入いただいた方に限り、はがき作成のみに限定してお使いいただけるようになっています。Webページへの使用は禁止しておりますので、ご了承ください。


Q5:付属DVD-ROMに入っているデータを印刷して販売してもいいですか?

A

本書の付属DVD-ROMに収録されているデータを使って作った、はがきデータまたは印刷されたはがきを配布・販売・貸出サービスすることは一切できません。一般企業、個人事務所、公的な団体・施設、有料・無料などの事情いかんにかかわらず、データの配布サービスは、一切禁止しますのでご注意ください。


画像形式に関するQ&A

Q6:背景の上に部品を貼り付けたら、部品の周りが白くなった!

A

貼り付けた部品の周囲が白くなるのは、「JPEG形式」の部品を貼り付けたためです。部品の部分だけを貼り付けたい場合は「PNG形式」の部品をご使用ください。


Q7:Windows 98でPNG形式の画像は使用できるの?

A

PNG形式の画像は、対応するアプリケーションがインストールされていれば使用することができます。PNG形式の画像に対応しているかどうかは、「画像形式(JPEG・PNG)への各ソフトの対応」を参照してください。


Q8:筆ぐるめ8/9/10でPNG形式の素材が透過されない!

A

筆ぐるめ8/9/10ともにPNG形式に完全には対応していないことが原因です。筆ぐるめ8/9/10では、画像を読み込んだ後、指定した1色のみを透明にできます。 具体的な操作につきましては、筆ぐるめ8/9/10それぞれのガイドブックをご覧ください。また、アプリケーションのPNG形式への対応状況につきましては、「画像形式(JPEG・PNG)への各ソフトの対応」を参照してください。


Q9:一太郎13で写真枠用のはがきを使うと写真がくすんで表示される!

A

初期出荷分の一太郎13では、写真枠用のはがき(PNG形式)の素材がきれいに透過できずに、写真に薄い膜がかかったように表示される不具合が出ます。この場合は、JUSTSYSTEM社にお問い合わせください。

ソフトウェアの操作に関するQ&A

Q10:ソフトウェアの不具合の修正プログラムの入手先を教えて?
 

A

ワープロソフトやはがき作成ソフトは、同じバージョンでも出荷した後から不具合の修正プログラムが配布されることがあります。通常はソフトメーカーのWebページ上でそれらの情報と修正プログラムを入手できます。ユーザー個人に通知されないことが多いので、定期的にメーカーのWebページをチェックしておくことをお勧めします。
※旧バージョンのソフトについては、メーカーでサポートが終了している場合があります。あらかじめ、ご了承ください。

メーカー名 主要アプリケーション
ジャストシステム社 一太郎、楽々はがき
マイクロソフト社 Word、はがきスタジオ
ソースネクスト社 筆まめ
富士ソフト社 筆ぐるめ
ソースネクスト社 筆王、筆休め、宛名職人(Windows版、Macintosh版)

Q11:筆王を起動しようとしたら「予期しないファイル形式です」と表示されて起動できない!
 

A

ソニーの一部の製品のUSBドライバをインストールしたパソコン環境では、筆王の起動時に「予期しないファイル形式です」と表示されて正常に起動できないことがあります。詳細はソニーのサポートセンターにお問い合わせください。


Q12:Wordで画像を2枚挿入すると、1枚目が上書きされて消えてしまう!
 

A

Wordでは、文字列の折り返しが「行内」の状態の画像を選択状態にして再度貼り付けを行うと、新たに貼り付けたデータによって上書きされてしまいます。上書きされないようにするには、別の箇所をクリックして画像の選択状態を解除した状態で、新しく画像を挿入してください。
なお、画像の重ね合わせがうまくいかない場合は、「Q14:Wordで部品の重ね合わせができない!」を参考に操作を行ってください。


Q13:Wordで、写真枠用のはがきを貼り付けた後で写真を取り込んだら、写真枠用のはがきが消えてしまった!

A

Wordでは、貼り付けた直後の画像は、お互いが重ならないように書式が設定されています。そのため、1ページ目いっぱいにデジカメ画像を貼り付けた場合、新たに写真画像を挿入すると、自動的に新しいページが作成されて、そちら(2ページ目)に写真画像が貼り付けられます。Wordの表示倍率を大きくして作業している場合、新たに貼り付けた写真画像(Wordの2ページ目)しか見えず、1ページ目に貼り付けられたはがきが表示されないため、消えてしまったように見えます(1ページ目を表示すればはがきが表示されます)。
なお、最初に貼り付けた写真枠用の画像を選択したままで写真を取り込むと、最初の画像は消えてしまいます(上のQを参照)。


Q14:Wordで部品の重ね合わせができない!

A

Word 2016/2013/2010/2007で部品を重ね合わせるには、部品データの上で右クリックし、[文字の折り返し(W)]→[前面(N)]を選択します。

Word 2003以前のバージョンで部品を重ね合わせるには、部品を貼り付けた後で次のように操作します。
 「図」ツールバーを表示させます。
 部品データを選択し、[図の書式設定]ボタンをクリックします。
 「レイアウト」タブをクリックし、「折り返しの種類と配置」
   から 「
面」を選択し、[OK] ボタンをクリック します。


Q15:Wordで入力した文字を囲む枠線は消すことはできるの?

A

Wordのテキストボックスを用いて文字を入力した際に表示される、テキストボックスを囲む枠線は、テキストボックスの書式設定を表示し、枠の線の設定を「色なし」(Word2003以前では「線なし」)にすることで消すことができます。


Q16:Wordで文字を入力した箇所が白くなってしまう!

A

テキストボックスの背景色が「白」に設定されているためです。テキストボックスの背景色を「塗りつぶしなし」に設定する必要があります。


Q17:Word 97に貼り付けた画像枠に赤い×印が表示される!

A

Word 97では画像を貼り付けた後に保存したファイルを、後から再び読み込むと、赤い×印が画像枠に表示されるというプログラム上の不具合が出る場合があります。Word 97をお使いで、この症状が出る場合は、Microsoft社のサポートセンターにお問い合わせください。


Q18:Wordでテキストボックスに文字が入力できない!

A

テキストボックスが選択状態になっていないと文字を入力することはできません。そのため、テキストボックスをクリックして選択状態にした後で文字を入力する必要があります。


Q19:一太郎に貼り付けたデータを削除するにはどうするの?

A

貼り付けたデータをクリックして選択し、[Delete]キーを押すことで削除することができます。


Q20:貼り付けたデータの鮮明度や色はアプリケーションによって違うの?

A

PNG形式のデータの場合、縁に白い箇所が若干残ることがあります。また、アプリケーションによってはJPEG形式とPNG形式で色合いが違って見える場合があります。たとえば、WordでPNG形式の画像を表示すると、色が濃いめになることがあります。このように同じ画像でも、アプリケーションの画像処理に微妙な違いが起きることがあります。

印刷に関するQ&A

Q21:印刷時にPNG形式のファイルのみ真っ黒になってしまう!

A

お使いのプリンタの「プリンタドライバ」というソフトウェアが、PNG形式のファイルに対応していない可能性があります。画面上で正常に見えているのに印刷時にPNG形式の画像のみが印刷できないという場合、お使いのプリンタのメーカーにお問い合わせください。古い機種の中に、このケースがまれにあるようです。


Q22:書籍に掲載されている作品と印刷結果の色がまったく違う!

A

まず、プリンタのインク残量が少なくなっていないかを調べてください。プリンタは印刷時にいくつかのインクを掛け合わせてフルカラーを表現するので、一色でもインクが足りないと、まったく別の色になってしまいます。また、色ごとに専用のインクカートリッジが用意されているプリンタでは、その取り付け位置を間違えていないかをチェックする必要があります。インクカートリッジを交換しても直らない場合はプリンタに問題があると思われますので、メーカーのサポート窓口などをご利用ください。


Q23:印刷したはがきの色が薄くて読みづらい!

A

インクが少なくなっていたり、プリンタそのものに問題が発生していることが考えられます。インクの残量が少なくなっている場合は、インクカートリッジの交換を行ってください。また、インクカートリッジを交換しても直らない場合はプリンタに問題があると思われますので、メーカーのサポート窓口などをご利用ください。


Q24:はがきデザインの端が欠けて印刷されてしまう!

A

はがきデータの画像は、はがきサイズの画像データとして作成しています。また、大部分のソフトウェアでは、画像を貼り付ける際に印刷範囲内に収まるように縮小して貼り付けられるため、はがき内に収まります。はみ出しの問題が発生する場合は、プリンタで印刷できない余白の部分に画像データが貼られていないか、データを貼り付けた後に拡大していないかを確認してください。また、プリンタのフチなし印刷機能を使っている場合は、プリンタの設定を確認し、フチなし印刷の設定が正しく行われているかどうかをご確認ください。なお、プリンタの設定につきましてはご使用のプリンタの説明書などをご覧ください。
収録されているはがきを印刷する際は、必ず印刷の設定を行ってから印刷してください。


Q25:フチなし印刷をしたいのにWordで勝手に余白が設定されてしまう!

A

フチなし印刷が可能なプリンタを使用しているのにWord上で余白が設定されてしまう場合、まずプリンタ側でフチなしの設定を行ってから、Word側で余白を0に設定してください。
※設定した後で、「余白が印刷できない領域に設定されています・・・」というメッセージが表示されたら、[無視(I)]ボタンをクリックしてください。

Word 2016/2013/2010でフチなしの設定を行うには、次のように操作します。
 [ファイル]→[印刷(P)]を選択します。
 「プリンターのプロパティ」のリンクをクリックします。
 プリンタのプロパティが表示されたら、用紙の種類やフチなしの設定を行い、
  [OK]ボタンをクリックします。
 「ページレイアウト」タブをクリックします。
 「ページ設定」グループの「余白」をクリックして[ユーザー設定の余白(A)]を選択し、
  上下左右の余白を0に設定します。

Word 2007でフチなしの設定を行うには、次のように操作します。
 [Office]ボタン→[印刷(P)]→[印刷(P)]を選択します。
 「印刷」ダイアログボックスの[プロパティ(P)]ボタンをクリックします。
 プリンタのプロパティが表示されたら、用紙の種類やフチなしの設定を行い、
  [OK]ボタンをクリックします。
 「印刷」ダイアログボックスの[閉じる]ボタンをクリックします。
 「ページレイアウト」タブをクリックします。
 「ページ設定」グループの「余白」をクリックして[ユーザー設定の余白(A)]を選択し、
  上下左右の余白を0に設定します。

Word 2003以前のバージョンでフチなしの設定を行うには、次のように操作します。
 [ファイル(F)]→[印刷(P)]を選択します。
 「印刷」ダイアログボックスの[プロパティ(P)]ボタンをクリックします。
 プリンタのプロパティが表示されたら、用紙の種類やフチなしの設定を行い、
  [OK]ボタンをクリックします。
 「印刷」ダイアログボックスの[閉じる]ボタンをクリックします。
 [ファイル(F)]→[ページ設定(U)]を選択します。
 「余白」タブをクリックし、上下左右の余白を0に設定します。

← 年賀状サポートページ トップに戻る