HOME > 書籍紹介 > サイエンス >  書籍詳細

化学者になるための本

本書は将来、化学者になりたいと思っている学生や一般の人向けに、「化学者になるにはどうすればいいのか?」という手段、方法、ガイドマップを紹介しています。
そもそも化学者とは何か、化学者の種類や違いのほかに化学を学ぶにあたっての考え方や現場で求められる要点など化学の研究者・技術者・指導者になるためのプロセスをわかりやすく解説しています。

 

商品名:
化学者になるための本NEW!

 

価格:1,890円+税
ISBNコード:978-4-86354-392-8
本のサイズ:B6判/ソフトカバー
著者:齋藤勝裕

目次

●第1章 化学者とは?
●第2章 化学を学ぶためには?
●第3章 大学で化学を学ぶためには?
●第4章 化学の博士になるためには?
●第5章 化学技術者・化学教師になるためには?
●第6章 化学の教授になるためには?
●第7章 一流の化学者になるためには?

著者紹介

名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた超まじめ人間。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」と、気は多い。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は150冊以上と月刊誌状態である。量子化学から生命化学まで、化学の全領域にわたる。

担当編集者から

化学者になれる確率はそれほど小さくはありません。天賦の才能など殆ど関係ありません。必要なのは少々の意思の強さと、少々の負けん気です。しかし、社会から『化学者』と認められるためには、それなりの資質が必要です。本書では、それを備えるためにはどうすれば良いのかを化学者の著者がわかりやすく丁寧に紹介しています。(西方)

こちらの書籍も好評発売中!