書籍詳細|株式会社 C&R研究所
HOME > 書籍紹介 > 素材集・ぬり絵・アート >  書籍詳細

大人のぬり絵帖 かやぶき古民家

全国各地で個展を開催している雨宮英夫氏の
かやぶき古民家の油絵11点をぬり絵に!!
「大人のぬり絵帖」シリーズは、下絵にそのまま色を塗る他に、パソコンのソフト上でぬり絵を楽しんだり、ぬり絵の下絵をパソコンから印刷したりと、今までの3倍楽しむことができます。また、パソコンで着色したぬりえは、ホームページで使用したり、メールに添付して送ることも可能です。
※付録のCD-ROMには、PDF形式の下絵データとぬり絵ソフト(水彩7の体験版)が収録されています。

 

商品名:
大人のぬり絵帖 かやぶき古民家

 

価格:1,380円+税
ISBNコード:4-903111-38-5
本のサイズ:A4変/ソフトカバー
著者:日本ぬり絵協会/雨宮英夫

目次

●原画
・残雪の常念岳と民家
・山家訪春
・洛北新緑
・信濃路新緑
・出羽の国 初夏
・合掌民家の初夏
・秋光民家
・民家と紅葉
・北信濃雪景
・雪の民家
・待春民家
●下絵

著者紹介

【作家紹介】
●雨宮 英夫(あめみや ひでお)
1949年 長野市生まれ。
1969年 日本水彩所属、入選入賞多数。
1975年 水彩画から油彩画へ転向。独学で油彩画の技法を習得。以降、作品発表を個展 に限り新作発表を重ねる。主にかやぶき民家を中心に制作。
1985年以降 全国各地デパートにて個展(そごう、松本井上、高崎・前橋スズランデパート、 島 根一畑デパート、東京大丸、池袋東武、大阪梅田大丸、近鉄デパート、新宿三越、 仙台三越、松山三越、新潟三越、札幌三越、上野松坂屋、長野東急、他多数)。
2006年現在 無所属。長野市在住、長野県聖高原にアトリエ。

【作家から】
私にとって民家の絵を描くという事は、単に描くだけでなく、絵の中に私自身の物語を創ってゆく事でもあります。自分が幼い頃に戻り、絵の中で時を過ごします。世の中全体が貧しかったが、心だけは皆とても豊かだったあの時代。そんな古き良き時代に萱ぶき民家は身近に在り、人々を守ってきました。私だけでなく、私の絵を見た方々それぞれが絵の中に入り、それぞれの物語と共に絵の中に遊んでいただけたらと思っています。絵の中で風を感じ、鳥の声を聞き、土や草、煙のにおいを嗅ぎ、遊び回る子供らとともに父や母、祖父母の姿を見ていただけたら・・・。また、ぬり絵をしながら、もっと深く絵の中に入っていただけたらと思っています。

担当編集者から

雨宮英夫氏の油絵は、まるで写真のような精密さを持ちながら、間近で見ると筆のタッチがとても生き生きとした、すばらしい絵画です。この作品をもとに、すてきな趣味を持ちたい大人にぴったりのぬり絵ができました。懐かしい、心洗われるような、素朴なかやぶきの古民家のぬり絵です。今回この編集を行い、私自身も、自然の息吹と人々の暮らしを考えながら郷愁にひたり、とてもリフレッシュしました。ぬり絵を行うだけで、自然の恵み豊かな土地を旅した気分になります。色鉛筆で塗っても、パソコンで塗っても楽しめますので、部屋に飾ったり、ハガキや年賀状にして活用してみてはいかがでしょうか。(小嶋 亜紀)