HOME > 書籍紹介 > プログラミング >  書籍詳細

PyTorchではじめるAI開発

 本書では、Pytorchを使い、実際の製品やサービスの開発時に役に立つ手法を紹介するようにしています。
 本書で紹介する「AI開発」では、必ずしもすべての章で、ニューラルネットワークの構造(ニューロン同士の接続の仕方)を一から新しく作成するようなことはしませんが、ModelZOOやGitHub上で公開されているモデルも、積極的に採用するようにしています。また、利用できる学習済みのモデルが公開されている際には、それをダウンロードして使用するようにします。
 本書では、章によって、異なるAIを開発しますが、その際には、公開されているモデルをそのまま流用して「広義のAI」のみを作成したり、あるいは公開済みのモデルを転移学習・ファインチューニングしたりと、その都度、もっとも近道であると思われるスキームを利用して、「AI開発」を行います。
 本書では次のような機能を解説しています。
・CHAPTER 02・・・画像認識
・CHAPTER 03・・・異常検出
・CHAPTER 04・・・物体検出
・CHAPTER 05・・・セグメンテーション
・CHAPTER 06・・・顔認証
・CHAPTER 07・・・線画イラスト変換
・CHAPTER 08・・・OCRの文字認識
・CHAPTER 09・・・OCRの文章認識

 

商品名:
PyTorchではじめるAI開発NEW!

 

価格:3,420円+税
ISBNコード:978-4-86354-353-9
本のサイズ:A5判/ソフトカバー
著者:坂本 俊之

目次

CHAPTER 01 応用AIの作成にあたって
CHAPTER 02 定点カメラの映像を認識する
CHAPTER 03 教師データにない状況を異常検出
CHAPTER 04 物体検出と学習済みモデル
CHAPTER 05 動画の背景を入れ替える
CHAPTER 06 アジア人向けに強化させた顔認証
CHAPTER 07 線画をイラストに変換する
CHAPTER 08 OCRにおける文字認識
CHAPTER 09 OCRを完成させる

著者紹介

坂本 俊之(サカモト・トシユキ)
機械学習エンジニア・兼・AIコンサルタント
現在はAIを使用した業務改善コンサルティングや、AIシステムの設計・実装支援などを行う。

担当編集者から

本書ではPytorchを使ったAI開発を丁寧に解説しています。ぜひ、AI開発にチャレンジしてみてください!(西方)