HOME > 書籍紹介 > プログラミング >  書籍詳細

Pythonで作るゲームSNS

 本書はWebアプリ用のPythonを使って会員制サイトを作る入門書です。Pythonで会員制サイトを作ると聞くと「どうせDjangoやFlaskを使うんでしょう?」と思われるかもしれませんが、本書は追加パッケージをまったく使わずにPythonの標準モジュールだけを使って会員制サイトのシンプルなゲームSNSを開発します。
 Pythonと一緒にインストールされた標準モジュールだけを使う理由は、リーズナブルなレンタルサーバーはPythonに機能追加するpipが使えないからです。つまりDjangoやFlaskが使えないからです。
 本書では、まず、「HTML5+JavaScript+CSS+jQuery」でミニゲームを開発したり、各Webページの作成などを解説しています。その後は、作成したWebページをもとに、PythonでWebページを書き出したり、データベース「SQLite3」の利用方法などを解説しています。

 

商品名:
Pythonで作るゲームSNSNEW!

 

価格:3,420円+税
ISBNコード:978-4-86354-364-5
本のサイズ:A5判/ソフトカバー
著者:大西 武

目次

第1章 PythonとWebアプリとレンタルサーバーについて
第2章 PythonとXAMPPのインストール
第3章 HTML5+JavaScript+CSSでゲームを開発する
第4章 HTML5+CSSでゲームSNSのひな形を作成する
第5章 PythonでWebページを書き出す
第6章 ログイン状態を保つ
第7章 Pythonで各ページを処理する


著者紹介

●大西 武(おおにし たけし)
1975年香川県生まれ。大阪大学経済学部経営学科中退。(株)カーコンサルタント大西で役員を務める。
本を執筆したり、コンテストに入賞したり、TVで放送されたり、雑誌やWebサイトに載ったり、合わせて300回以上自作作品が採用されている。
約20言語使えるプログラミングをしたり、3DCGなどの絵を描いたり、ギターなどで演奏作詞作曲したりするのが趣味。
写真は2019年に撮影したもの。まだまだ若いつもり。


◆Twitter ID
@Roxiga

◆Webサイト
https://vexil.jp/


「主な著書」20冊以上商業出版
・BlenderユーザーのためのPython入門(シーアンドアール研究所)
・Pythonではじめる3Dツール開発(シーアンドアール研究所)
・OpenGL ESを使ったAndroid 2D/3Dゲームプログラミング(秀和システム)
・Python3 3Dゲームプログラミング(工学社)
・3D IQ間違い探し(主婦の友社)

「主な受賞歴」20回以上コンテストに入賞
・Microsoft「WindowsVistaソフトウェアコンテスト」大賞
・NTTドコモ「MEDIAS Wアプリ開発コンテスト」グランプリ

「主なTV放送」3Dクイズが約10回出題されたりなど
・NHK BS「デジタルスタジアム」
・フジテレビ「脳テレ〜あたまの取扱説明書(トリセツ)〜」

担当編集者から

本書ではPythonの標準モジュールだけでWebアプリを作成しています。そのため、レンタルサーバーの設定にあわせて少し変えるだけですぐに公開することもできます。ぜひ、本書をベースにカスタマイズし、オリジナルのWebアプリを作成してみてください。(吉成)

こちらの書籍も好評発売中!