HOME > 書籍紹介 > プログラミング >  書籍詳細

全体像と用語がよくわかる! Microsoft Azure入門ガイド

「Azureの必須知識を身に付けたい!」「Azureの全体像をつかみたい!」という方に最適な、Azure入門の決定版が登場!

クラウドは今や、ITインフラやシステム開発に必要不可欠な存在となりましたが、各クラウドで提供される機能は実に膨大なため、いつどれを使えばいいのかがわからない・全体像がつかみにくい……と思う方もいるでしょう。本書は、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のサービス詳細や用語を、図を用いながら解説することで、Azureの必須知識が身に付くようにした入門書です。サーバーやストレージといった基本的なサービスから、AI・機械学習やIoT、ビッグデータといったサービスまで、詳しくしっかり学べます。また「マイクロソフト製品との連携が容易」「Visual StudioやVisual Studio Codeなどでの開発が可能」といった、Azureならではの特徴も解説しています。ITエンジニアやプログラマーだけではなく、クラウドの運用を行う「情シス」や、クラウド開発の提案や説明を行う「営業担当」にまで、おすすめの1冊です。

 

商品名:
全体像と用語がよくわかる! Microsoft Azure入門ガイドNEW!

 

価格:2,820円+税
ISBNコード:978-4-86354-368-3
本のサイズ:A5判/ソフトカバー
著者:山田裕進/本間咲来

目次

Chapter 1 Azureの特徴を知る
Chapter 2 Azureの利用を始める
Chapter 3 アプリケーションやコードの運用
Chapter 4 データの運用
Chapter 5 AI・機械学習サービスの活用
Chapter 6 IoTとデータ分析基盤の構築
Chapter 7 インフラの効率的な運用
Chapter 8 Azureをさらに学ぶには


著者紹介

山田裕進(やまだ・ひろみち)
2020年よりマイクロソフトで、Microsoft Technical Trainerとして活動中。
Azureの公式トレーニングを毎週担当している。アプリケーション開発技術、オープンソース、開発者向けのクラウドサービスなどに特に興味がある。
本書では第1章から第5章、第7章、第8章を担当。

本間咲来(ほんま・さき)
主に「さっくる」というハンドルネームで活動。NTTコミュニケーションズ時代はエンジニアとして働くかたわら、開発者コミュニティ運営に携わりはじめる。マイクロソフト入社後、テクニカルエバンジェリスト、ソフトウェアエンジニアを経て、現在はMicrosoft Technical Trainerとして活動中。
本書では第6章を担当。

担当編集者から

本書はAzureの概要を把握するのに最適な1冊です。Azureの導入を検討している方にもおすすめです。(吉成)

こちらの書籍も好評発売中!